新しい絆
- Working to collaborate on human rights protocol -

Why not help the world?

Link
mail: co_human_protocol

新しい絆

新しい絆は、インターネットの乱用により心を痛めているすべてのユーザのために開設されたボランティアサイトです。私たちは高度情報社会における新しいコミュニケーションや人と人とのつながりの中に善意的なものだけでなく悪意的なものがあり、それが"World Wide Web"な世界で増幅してしまう仕組みに疑問を持ち、自ら情報を発信していこうと考えました。 以下、本サイトの経緯と方向性を記述します。

経緯と方向性

1990年代中期頃から世界的にインターネットが流行をはじめ、それに伴ってコミュニケーション上のトラブル、誹謗中傷、またそれらを拡散したうえで忖度を行うという囲い込み遊戯が発生してきました。もちろん現実社会においてもメディアなどの世界では情報操作という名前で大衆の操作が行われていたと考えられますが、メディアやマーケットなどに縁の薄い一般大衆にとっては初めての経験であったと考えられます。

インターネットという技術が提供するパフォーマンスに情報の公開と表現の自由があります。現実を正しく認識し、これを適切な手段によって報せることにより民主的世界を健全化することに役立てることが技術の善意的な活用であるといえるでしょう。世論は作られるものであってはなりません。情報を伝えるための表現の自由において、表現によって情報を改竄、または相手の誤解を期待することがあってはなりません。具体的な例として広義の映像作品を考えてみましょう。映画、ドラマ、アニメ等、戦闘を含まないものは非常に希少です。そして、戦闘を描写するにあたって、表現により戦闘を正当化し、戦争を美化する行為がそれに相当します。もしくは自国を善として敵国を悪とする二元論的世界観も。我々の世界には多くの作品に戦闘的要素を付加したものが世界的に人気を博してきたはずです。

インターネット上で行われている人権侵害にはどのようなものがあるのでしょうか。分類すると「名誉棄損」、「侮辱」、「信用棄損」、「脅迫」、「個人情報やプライバシーのさらし」、「ネットいじめ」、「児童ポルノ」、「セクシャル及びパワーハラスメント」、「差別」となります。佐藤佳弘「インターネットと人権侵害」2016 武蔵野大学出版会
インターネットでは自分の名前や顔を知られることなく情報を発信することができます。この匿名性が悪意的に利用されることにより上記の人権侵害が発生します。では「悪意的に利用される」ということは、一体どういうことなのでしょうか。意図的な個人もしくは組織が、対象を限定してもしくは無差別に、虚偽のもしくは誤解を期待する表現で情報を発信する場合が考えられるかもしれません。または、意図的でない個人もしくは組織が、これらのことを行う場合が考えられるかもしれません。
先ほど取り上げた広義の映像作品は一つの例として認識できるのではないでしょうか。この場合、情報は既存メディアによって視聴者に届けられ、彼らの評価によって成績が決定されます。インターネット上の人権侵害はホームページ、電子掲示板、SNSを通じて"World Wide Web"に拡散してしまいます。そして拡散した情報は拡散した人間の個性を加えることにより、情報が加工され、もしくは表現が加工されながら半永久的に残存していくことになります。そして、そのことに対する責任(成績)は匿名性の名のもとに特定ができない場合がある、もしくは困難、煩雑により被害者が泣き寝入りするより仕方ないようになってしまうという点が非常に問題であると考えられます。

新しい絆は、インターネット上の人権侵害、そしてそれが"World Wide Web"な世界で増幅してしまう仕組みに疑問を持ち活動を行っています。
インターネットを始めてから学校であるとか近所であるとか職場であるとか、何か変だな、おかしいな、気持ちが悪いなと違和感を覚えるような経験はありませんか? ないしは携帯(スマホ)やパソコンに特定の誰かを監視する、中傷する情報が届いて困っているというような経験はありませんか? 悩み苦しんでいるのは決してあなただけではありません。そして、こういった苦しみを受けるのはあなたが悪いからではありません。これら行為はインターネットによって顕在化した悪意の実行であり、人権の侵害であり、「自らも含めて人間の尊厳を毀損する行為」であり、嬉々としてこれに関わっている人たちは重大な過ちを犯しているのです。そのことに早く気付いてほしい。あなたは決して一人ではありません。
私たちは、「新しい絆」を通じてこれらのことを告発します。さあ、皆んなで一緒に力を合わせてこの巨大な悪意を解決していきましょう。